地域おこし協力隊
  • 地域おこし協力隊

地域おこし協力隊とは

「地域おこし協力隊」とは、平成21年度から国が創設した制度で、人口減少や高齢化が進んでいる地方が都市住民を募集し、地域活動の活性化や地域力の維持・強化を目指すものです。奈良県ではこれに基づき「ふるさと復興協力隊」として、紀伊半島大水害からの復興活動など、地域の活性化を行う人材を、山間部の市町村に派遣されています。

村では、人口減少・少子高齢化が激しく、地域の活力が失われつつあるため、産業の振興や地域の発掘などを目的として、現在3名の隊員が活動しています。隊員は、エコツアーに関わるガイドツアーの企画・運営、地域情報等の情報発信などに取り組みます。
 現在、上北山村で地域おこし協力隊を募集しています。詳しくは、以下よりご覧ください。

JOINニッポン移住・交流ナビ

地域おこし協力隊員の紹介

小谷 雅美(こたに まさみ)隊員(平成29年9月~)

9月から協力隊になりました、小谷雅美です。
何よりも山が好き!縁があり上北山村に住むことになり毎日山歩きができる…と、
わくわくしています。
協力隊期間中に、「上北山村にあるすべての稜線を歩きつくす」が目標。
今まで知られていなかった上北山村の素晴らしいところを探すべく日々歩き回る予定。
少し落ち着いてきたら、狩猟免許もとろうかと思案中。
村で見かけたら、気軽に声かけてくださいね♪

大橋 春菜(おおはし はな)隊員(平成30年5月~)

奈良が好き、自然が好きで地域おこし協力隊として上北山村に来ました!
上北山村の素敵なところを発信していけるように頑張ります。
お待ちしております!

塚原 浩一(つかはら こういち)隊員(平成30年6月~)

自転車と山とスキーが好きで、上北山村の自然と人にぞっこんです!
雨が多いために自転車に乗ることが神戸にいた時より少なくなったので
天気の時は、出来るだけ上北山村の山々を走りまわっています!
現在は大台ヶ原物産店に勤務してますが、協力隊卒業後は写真家&起業家として
貢献できるようがんばります!よろしくお願いいたします。

地域おこし協力隊新聞

地域おこし協力隊(ふるさと復興協力隊)フェイスブックページ

私たち協力隊が行っている活動内容のお知らせや、上北山村での様々な情報を発信しています。